みすゞ建設からのご提案

ホーム > みすゞ建設からのご提案 > 認定低炭素住宅

認定低炭素住宅

認定低炭素住宅は、省エネ性能に特化した住宅です。認定を受けるためには、H25年の改正省エネ基準※の断熱性能をクリアし、暖冷房、給湯、照明などの住宅設備機器の消費エネルギーを10%以上削減しなければなりません。2020年までにすべての新築住宅を新しい省エネ基準に適合させるという国の方針に沿った一歩進んだ住宅です。長期優良住宅と同様に、認定低炭素住宅は国がお墨付きを与えた住宅です。税制優遇など、お得な補助制度があるので賢く利用しましょう。

  • 2013年1月公布、10月施行。この改正省エネ基準は2020年にすべての新築の住宅に義務化される事が予定されています。
    一次エネルギー消費量とは、断熱性能を踏まえ、暖冷房を始めとする喚気、給湯、照明などの住宅設備機器のエネルギーを熱量換算した値です。

低炭素住宅の認定条件

低炭素住宅の認定条件

低炭素住宅のイメージ

低炭素住宅のイメージ

  • 認定低炭素住宅は、市街化区域の住宅・建築物(用途が住宅と定められている地域)が条件となります。詳しくは特定行政庁へご確認ください。

一次エネルギー消費量の表示

家1棟1棟について使うエネルギーを計算。今の省エネ基準の数値と比べて、どれだけエネルギーを使う住宅なのかシミュレーションをします。
下図で計算された住宅は、低炭素基準の801MJ/m²・年を下回る490MJ/m²しかエネルギーを使わない住宅だと分かります。

一次エネルギー消費量の表示

  • 一次エネルギー消費量は、一定の前提条件(想定居住人数、生活スケジュール等)のもとで算定する仕組みとなっているため、算定結果は実際の一次エネルギー消費量とは必ずしも一致しませんので、当該住宅の省エネ性能評価に当たってはご留意ください。

ページトップへ戻る

  • 長期優良住宅
  • 認定低炭素住宅
  • 高気密高断熱住宅
  • 地下室のある家
  • グルニエ・ロフトのある家
  • 自然素材の家
  • エコな家
  • 地域グリーン化事業