みすゞ建設からのご提案

ホーム > みすゞ建設からのご提案 > エコな家

エコな家

環境に優しくて、省エネ効果が高い住まいを提案します。

太陽光発電

太陽光発電とは、太陽光のエネルギーを電気に変換する発電方法です。発電するための燃料は必要なく、温暖化を進める温室効果ガスを排出しません。自然のエネルギーを利用するので、環境問題やエネルギー問題に貢献できます。

自分で使う電力を自宅で作ることができますので、月々の電気代にも大きな効果が期待できます。万一の停電時にも、発電している分の電気を引き続き利用することができます。最近では、この太陽光発電を住まいで利用する人々が増えています。

国や自治体も太陽光発電の利用を奨励していて、機材の設置時に補助金の制度があります。

オール電化

オール電化とは、キッチン・給湯・冷暖房など、住まいで使用するすべてのエネルギーを電気でまかなえるようにすることです。

住宅でのCO2の排出量を抑えることができ、環境に配慮した優しい暮らしを実現できます。また、キッチンでの調理やお風呂の追い炊きにも火を使わないので、火災のリスクを大きく減らすことができます。

光熱費を電気に一本化できるので、月々の家計にもうれしい効果が見込めます。

家庭用燃料電池(エネファーム)

家庭用燃料電池「エネファーム」エネルギーをつかう家から、つくる家へ。

家庭用燃料電池とは、自分の家で電気を作り、そのとき発生する熱で同時にお湯を作る仕組みのことです。エネファームはこの家庭用燃料電池の愛称です。

エネファームは都市ガスや灯油などから取り出したエネルギーを電気やお湯へとムダなく利用でき、エネルギー消費量を約33%、CO2の排出量を約45%削減することができます。

組み合わせることで、さらにエコな家に

「太陽光発電」、「オール電化」、「エネファーム」。これらの環境に優しい設備は、組み合わせることでさらに高い効果が得られます。

「太陽光発電」、「オール電化」家のエネルギーをすべて電気でまかなうオール電化にすることで、太陽光発電のメリットを最大限に活かすことができます。光熱費をさらに削減できるようになります。「エネファーム」太陽光発電とエネファームの2つが同時に発電することで、省エネルギー性・環境性を高め、光熱費をさらに削減することができます。

ページトップへ戻る

  • 長期優良住宅
  • 認定低炭素住宅
  • 高気密高断熱住宅
  • 地下室のある家
  • グルニエ・ロフトのある家
  • 自然素材の家
  • 住まいに関わる税制
  • 地域型住宅グリーン化事業
  • 軽量鉄骨工法